婚活でうつ病にならない為に

スポンサーリンク

女性の結婚適齢期は昔に比べどんどん高齢になりつつあります。
以前はクリスマスケーキに例えられたように、25を過ぎるとその価値がぐっと下がりましたが、今は年齢なんて関係ないようです。
が、女性の妊娠可能年齢を考えると、やはりあまり高齢になるのも避けたいところです。
昔のようにお見合い話を持ってきてくれる世話焼きなおばさんも減り、結婚紹介所の入会金は高いしで、結局自分で婚活をして相手を見つけなければと焦って悩んでうつ病になってしまう女性もいます。


お見合いパーティーや合コンに積極的に参加するも成果が得られず、その回数が増えるにつれ、自分には魅力が無いんだ、自分なんて結婚する資格がないんだと自己否定してしまい、悪循環に陥ってしまう恐れがあります。
あまり深刻に考えず、上手くいかなかったときは、ここには赤い糸の人は居なかっただけなんだと思うようにしましょう。

スポンサーリンク

婚活パーティーなどで気に要らない人とお話しなければならない時でも、赤い糸の人と出会うまでの練習だと思って、常に笑顔で好印象をもたれるよう気を配りましょう。
見た目だけで判断せず、その人の良い所を探すよう努力してみましょう。
相手に対して誠実な気持ちで接することは、自分磨きにも繋がります。
たとえ成果が得られなくても、その経験が自分を大きくしているのです。


対面して話す時の具体的な注意点は、相手の目より少し下あたりを見ることです。
目を見て話すことは大事なのですが、目を凝視されていると思われると相手も緊張してしまいます。
話がどんな内容でも興味があるように接してあげてください。
もし相手の男性が話し下手で何の話題も出せないようだったら、こちらから何か相手の良い所(素敵なネクタイですね等)を探して話のとっかかりを作りましょう。
おうおうにして、口下手な人ほど結婚相手としては良い人が多いものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加