婚活中のメール頻度の問題

スポンサーリンク

婚活パーティーなどに参加して意中の人とうまく連絡先を交換できても、そこからまた連絡してその後の展開に続けるとなると、かなり勇気のいる事だと思います。
ましてや今まで全くの他人同士がいきなり距離を近づけるのはなかなか難しいことだと思います。
初めてのメールはいつ頃したほうがいいのか、メールの返信がくるか、嫌みな言葉にならないか、など、とても気を遣う物だと思います。


ですが、よくよく考えてみると自分が相手にしてほしくない事をやらなければあとはお互いの相性の問題だと思います。
とても単純なことのように思えますが、一番シンプルなことが一番大切な事だったりすると思います。
複雑に考えても相手の受け取り方次第では悪い方向にも良い方向にも転がってしまうのならば、最低限自分の思う相手に対して失礼な事をしなければいいなど、自分の中のレベルを下げて考えてみれば良いと思います。

スポンサーリンク

あとは行動次第です。
頻度や時間帯など相手の職業を知っていれば相手に不都合な時間帯は避けられますし、自分がメールを貰って不快になる頻度で送らなければ良いのです。
まず気軽に行動してみて自分の事を相手にわからせるカードを提示しなければ相手もどう行動に移したら良いかわからないと思います。
いつどうしたら、どんな内容のメールを送れば良いのか…など複雑に考えて無駄に時間を重ねてしまうよりもまずはお互いカードを見せ合う方が良いと思います。


ましてや婚活パーティーで出会ったのならば尚更です。
相手も自分も今回の出会いの合格判定を早めに判断する材料を揃えなければ、いつまでたっても次に進めないからです。
そういう目的の場で出会ったのならば相手もパートナー候補の一人として見ているということになります。
ならばどんどんカードを見せ合って早めに判断を下した方がお互いの時間のロスにもならないと思います。
そして気楽にメールするくらいの余裕が無いと結局疲れて長続きのしない婚活になってしまうと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加