返事がもらえる婚活のメールとは

スポンサーリンク

婚活を進めていく中で、いい人との出会いがあったとき、その人とメールのやり取りが始まります。
現代人にとってメールをすることは苦ではないでしょうが、返信しにくい内容で送ってしまうと、そこで関係が途切れてしまうこともあります。
なので、相手の方が返信しやすいメールを送るように心がけることが大切になってくるでしょう。


メールと一口に言っても、アプローチのため、相手を知るためなど色々ありますが、ポイントは「簡潔に」且つ「話題を持って」です。
例えば、「私は×××という会社の営業で働いています。
××さんはどんな仕事をされていますか」という内容に対して、「私は、会社員です」という文体では、あまりにそっけな上に、ここでやり取りが終わっています。

スポンサーリンク

この場合、相手のお仕事にも触れつつ、自分の仕事についても述べるのが正解です。
かと言って、自分のことを知って欲しいがために自分の話題ばかり、相手のことを知りたいがために相手への質問攻めという一方通行の内容にはならないようにしてください。
内容のバランスを保ちつつも簡潔にまとめるということが返事が返ってくる率が高くなる秘訣です。


また、メールで感情を表現することも大切です。
例えば、喜びや感謝の気持ちなどで、ネガティブな感情はあまり入れないようにしましょう。
ほぼ知らない人同士なので、ちょっと大袈裟くらいに感情を表現してしまっても構いません。
慣れないと難しいかもしれませんが、簡潔、情報は多く、丁寧に、はっきりと、内容の最後はクエスチョン、これを守れば成婚まで繋げることも期待できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加